返済シミュレーション

消費者金融(消費者ローン)などからお金を借りると決めたら、返済していくことを具体的にイメージしていくことが大切です。どれくらいの期間、いくらずつ返済していくのか、実際の収入からその返済が可能なのか、返済し続けることができるのか……などと考える必要があります。

まずは、「月々の返済額」を考えましょう。生活をしていく上で無理のない金額に抑えることが重要です。実際の収入や生活費をあまり考えずに、これくらいなら返せるだろう……なんて簡単に返済額を決めてしまうと大変なことになりますよ。結局、返済ができなくなるということも考えられます。

もうひとつ気をつけたいのが「返済期間」。返済期間の間に、結婚や出産などの特別なイベントがありそうか、返済が終わると何歳になっているかなどと具体的に考えてみましょう。3年間で返済を考えていても、2年後に結婚かも……なんてことになると、返済の計画が大幅に変わることになります。

この返済額と返済期間をしっかりと決めていかないと、借金の返済を新たな借金で行っていく「多重債務」になってしまいます。

こんなことにならないように、事前にしっかりと返済のシミュレーションをしておきましょう。

○円を金利△%で□か月借りたら、毎月の返済はいくらか?
○円を金利△%で借りて毎月□円返済するとしたら、返済期間はどれくらいか?
金利△%で借りて毎月□円を○か月返済するとしたら、いくら借りれるのか?

これらを具体的な数字におきかえていきましょう。これ以上は借りれないなどのラインが見えてきます。この結果を踏まえて、借入れ金額などを決めていきましょう。

セキュリティソフト 比較

お金を借りるとは お金を借りないために ライフプラン計画 お金を借りる知恵袋 金利計算 お金を借りる先 Q&A集 用語集