生活費の借入れは借金連鎖

消費者金融(消費者ローン)から「お金を借りたい」状況になる理由は色々あるようですが、一番気をつけたいのが「生活費」の借入れ。「月末にお金が足りなくなった」とか「クレジットカードの支払いが思っていたより多く払えない」など、生活費が無くなってしまったという状況です。これは1か月の収支が赤字になったということですね。

このように生活費が足りなくなったからお金を借りるというパターンには、大きな危険が潜んでいますよ。

その危険度を計るポイントは「出費が特別なものか?」と「返済のアテがあるか?」の2つ。

急に入院した時の医療費や、友人の結婚式が続いての出費などは、いわば臨時出費。その月に、どうして支出が多くなったかが明確にわかります。なので、この特別な出費がなくなれば生活も元に戻り、また次の月もお金が足りないという事態にはなりません。

ただ、何に使ったのかわからないけれどお金がなくなったというのは危険信号です。お金が足りなくなった理由がわからないのですから、同じ生活をしている限り翌月も翌々月もお金がなくなることでしょう。完全に収入と支出のバランスが崩れています。

そのような状態で、1回でもお金を借りてしまうと大変なことになります。ただでさえ、月々の生活が苦しい(というか、赤字!)なのに、それにプラスして借金の返済をしなくてはいけません。

まだ臨時の収入が見込める場合は救いもあります。数ヶ月後にボーナスが支給されるとか保険の満期金が受け取れるなどの予定があれば、返済のメドがたちます。このお金で全額返済ということも可能ですね。

でも、臨時収入も見込めないとなると、これは最悪の状況ですよ。生活費も毎月赤字、それに借金の返済が重なってきます。うまくお金がまわる訳がありません。結局、また借金をしてしまうことに。これが、いわゆる「借金連鎖」の始まりです。

この「借金スパイラル」に入ってしまうと、なかなか抜け出すことができません。出て行くお金はなぜか多い、入ってくるお金は同じで臨時収入も見込めないわけですから。このような理由で、生活費の借入れは危険なのです。

では、どうしたらいいの? ということですが、生活費が足りなくて借金をしようと思ったら、 「今月お金が足りないなら、来月も絶対に足りなくなる」と肝に命じて、生活費そのものを減らし、赤字から脱却すことを最優先にしましょう。そして、 「借りるなら、数か月後に一括返済をする」と見込めるプランを持つことが大切です。

収入の範囲で生活」をするのが鉄則です。なぜか生活費が足りないという人は、根本的に生活を見直す必要があります。

セキュリティソフト 比較

お金を借りるとは お金を借りないために ライフプラン計画 お金を借りる知恵袋 金利計算 お金を借りる先 Q&A集 用語集